WebSubの概要・導入方法・使い方|【インデックスを促進するプラグイン】

WebSubの概要・導入方法・使い方|【インデックスを促進するプラグイン】

プラグイン WebSub の使い方

この記事では、投稿・更新記事を自動でインデックス促進してくれる便利なWordpressプラグインWebSub(旧:PubSubHubbub)の概要・導入方法・使い方を紹介します。

少し前までは、PubSubHubbubって「ぱぶさぶはぶばぶ・・・何て読むんですかぁ?」という感じでした。読み方は、「パブサブハバブ」が正しい読み方です。

現在は、WebSubとなり短くてすっきりしたプラグイン名になりましたね。

WebSubは、プラグインをインストールして有効化すればあとは自動で動いてくれるので、そのあと何か設定するとかはなく導入も簡単ですよ。

ということで、今回は3つのステップで簡単に解説していきます。

  1. WebSubの機能
  2. WebSubを使い、不正コピーサイト対策
  3. WebSubの導入手順と使い方

WebSubの機能

WebSubとは、WordPressで投稿・更新したページのURLを検索エンジンに自動で通知して、素早いインデックスを促進してくれるプラグインです。

インデックス登録の仕組み

ブログで投稿・更新した情報というのは、Googleなどの検索エンジンにインデックス登録されることで、初めて検索結果に表示されます。

せっかく書いた記事も、インデックス登録されないことには検索結果ページに表示されることはありません。検索エンジンのクローラーの巡回に来てもらい「クロール」⇒「インデックス登録」の流れになります。

WordPressにおける投稿・更新情報の「インデックス登録の方法は、

  1. Googleサーチコンソールの「URL検査」を使って、手動で通知
  2. プラグイン「WebSub」を使って、自動で通知

の2つがあります。

Googleサーチコンソールの「URL検査」を使って、手動で通知

まず、手動で通知する方法を見ていきます。

STEP
URL検査

サーチコンソール > URL検査を押します。

STEP
URL入力

検索窓にURL https://xxxxx.com/zzzzz/を入力して「リターンキー」を押します。URLをコピペして貼り付けるとすぐに入力できますよ。

STEP
インデックス登録のリクエスト

なにもしていなければ、下記のようなインデックス登録の結果が表示されます。「インデックス登録のリクエスト」をクリックしてリクエストを送信します。

STEP
インデックス登録

数日後に無事クロールが終了しインデックス登録されます。ただ、最近は新規サイトやドメインパワーが弱いサイトでは、インデックスが遅れることが多いです。そのような方は、以下の記事が参考になります。

≫『検出-インデックス未登録』その 原因と対策を詳しく解説! – ブログ部®🔗

プラグイン「WebSubを使って、自動で通知

WebbSubを使うことで、記事の投稿や更新を検索エンジンへ通知することが自動で行われます。素早く通知がされるので便利ですね。

WebSubを使い、不正コピー対策

投稿・更新したページを ”迅速” にインデックスさせる理由は、不正コピーサイトの防止です。

というのも、WEB上には特定のサイトや記事ページを「不正にコピー」してアップするといった悪質な手口が存在します。もちろん、Googleの対策により撲滅されつつはありますが・・・

とはいっても、そんな不正コピーサイト問題のなかでも、次の2点は注意が必要です。

  • コピーした側のページが、検索エンジンから「オリジナル」と認識されてしまう
  • その結果、自分のページが「重複コンテンツ」と認識されてしまう!

実際にインデックス登録が遅れるとこのようなことが起こってしまいます。そこで、WebSubを使いインデックス促進を行いましょう。そうすることで、

  • 素早くインデックスさせ、自分のページを「オリジナル」と認識してもらえる
  • コピーした側のページは、対策により検索順位が大幅に落ちることになる

ことが期待できます。次の章では、具体的な導入方法と使い方を説明します。

WebSubの導入方法と使い方

まずは、プラグインの導入・設定をするとき、何らかの重大なエラーが起こることが極まれにあります。

まずは、BackWPupなどを使いWordpress のバックアップをすることをおすすめします。

≫「BackWPup」の使い方 | WordPressを自動・手動でバックアップできるプラグイン

WebSubの導入方法

では、WebSubの導入の仕方を見ていきましょう。WordPress管理画面の左側にある一覧メニューから「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

WebSub(旧:PubSubHubbub)の導入方法

つづいて、画面の右上にある「プラグインの検索」に「WebSub」と入力します。

WordPressプラグイン インストール 1-02

WebSub」と入力して表示された画面から、以下の画像を探します。

このアイコンが目印のプラグイン「WebSub (FKA.PubSubHubbub)」を探したら右上の「今すぐインストール」>「有効化」をクリック。

「プラグインを有効化しました。」と表示されたら、プラグインの「インストール&有効化」は完了です。

WebSubまとめ

WebSub (FKA.PubSubHubbub)」は、導入した後は何もしなくても自動的にインデックスを促進してくれます。あとは、頑張って有益な価値ある記事を書きましょうね。

≫これだけ入れとけばOK!おすすめプラグイン7選| WordPressに必須 | ブログ-B

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


いちばんやさしいWordPressテーマ
MERIL(メリル)公式サイト
いちばんやさしいWordPressテーマ
MERIL(メリル)公式サイト